kao-kao日記

羊毛フェルト作家のkao-kaoです。作品のアップと、何気ない日常の出来事をマイペースに綴ります。優しい時間と笑顔の輪が広がりますように…。

めぐり逢い

今日は、子ども達が卒園した幼稚園のバザー部会にお邪魔してきました。在園のママ達が12月のバザーに向けて、作品作りの作業が進められていました。

バザー部員の一人、Fさんは、3人のお子さんがいて、上のお子さんは我が家の長男くんと同じ歳ですが、当時は別の幼稚園へ通っていました。2年ほど前に知り合った彼女は裁縫が得意で、素敵なバックやポーチ等を作る名人です。そんなFさん、8年前のバザーで気に入って購入したという羊毛フェルトのリースを大事に飾っているそうで、作風の特長から、もしかしたら私が作った作品じゃないかという話をされました。

Fさんの家に行った方が、飾ってあるリースの写真を撮ったそうで、その方が写真を見せてくれました。見ると、確かにそれは私が作ったものでした!まだ初期の頃の作品で、私にとって大作だったので、話を聞いていて懐かしくなりました。羊毛フェルトの林檎と雪だるま、ドングリやドライフラワー等で飾り付けたリース。こだわって作り、とても思い入れのあるリースでした。今でも大切にしてくださっていると聞き、嬉しくなりました。これも作品が繋げてくれたご縁ですね。感謝です。(*^^*)

見てくださる方がほっこり和むような、温かい気持ちになりますように…

そんな思いで、いつも作品を作っています。

広告を非表示にする