読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kao-kao日記

羊毛フェルト作家のkao-kaoです。作品のアップと、何気ない日常の出来事をマイペースに綴ります。優しい時間と笑顔の輪が広がりますように…。

私と息子とミニ四駆

家族

ミニ四駆に夢中になっている8歳の次男くん。

旦那さんの影響もあるのか、暇さえあれば改造し、持っているパーツや台数もあっという間に増え、ボックスに入りきれないほどになりました。

コースにより、走り方やバランスを考えてカスタマイズ出来るので、色々な楽しみ方があるミニ四駆

想像したり、考えたり、細かいネジを回したり…なかなか賢くなりそう。

毎週、模型屋さんへに走らせに行くのですが、月に1度そこで開催されるミニ四駆の大会があるんです

子どもから大人まで誰でも参加することが出来る大会で、当然のように毎回参加するのですが、先日行われた大会当日、いつも一緒に行く旦那さんがどうしても外せない用事があっていなかったので、参加しようかどうか迷いました。

次男くんがどうしても…!と言うので仕方なく私が連れて行くことに。

ミニ四駆のイメージが結び付かない私ですが、どんなもんかな?と、1台だけ持っているんですよ。

ピンクのアバンテ。

f:id:kao-kao-n:20170122165619j:image

男の子はあまりピンクのイメージがないから、大会では目立つかなと思ったのですが、男の子でもピンクのパーツを組み合わせたりしているし、原色の鮮やかなものが多いので、そこまで目立ちません。

ミニ四駆は目立ちませんが、男性ばかりの中に明らかに出で立ちの違う人がいたら、まぁ、ある意味浮きますよね私。(笑)

2人で参加した今回の大会、直前の練習では調子が良かったのですが、なんと、どちらも完走できず…!

早さだけじゃなく、完走出来なければポイントになりません。

こんな時、以前は不機嫌になっていた次男くんですが、ずいぶんあっさりしていたので、成長したなぁ…と思った帰り道。

「もっと大きな大会に出られるようになったら、ママを(遠くに)連れて行きたい」と言う次男くん。

そんな「連れて行きたい」という言葉が頼もしくて心に響き、素直に嬉しいママなのでした。(*^^*)

 

*kao-kao*

 

 

広告を非表示にする