kao-kao日記

羊毛フェルト作家のkao-kaoです。作品のアップと、何気ない日常の出来事をマイペースに綴ります。優しい時間と笑顔の輪が広がりますように…。

“迷う”ということ

昨日の記事にいただいたコメントで、“歳なんて気にしないで~…”という内容のコメントを複数いただき、改めて自分の好きなものを楽しもう!と思ったkaorinです。コメントをくださった皆さま、ありがとうございます。

 

大変!ウサギのルームシューズが可愛いもの好きな次男くんに狙われています。←どうやら「欲しい」らしい。

 

「きゃーっ!ちょっと待って!その足で履かないでぇ…」(。>д<)

 

学校から帰ってくると、まず足を洗わせているのですが、40分も歩いて帰ってくるから、もうね~本当に大変…。(笑)

 

 

 

さてさて……

 

世の中には、まだまだ知らないことや分からないことばかり。

1日が24時間だなんてのろまな私には到底足りないと思うのだけれど、やらなければならないこともたくさんある訳で、いくら時間があっても足りないなぁ…なんてことがよくあります。

“人生は船のようなもの”

船の行方なんて多分誰にも分からない。いつかどこかで風向きが変わることもあるだろうし、フラフラしたり荒波に揉まれて沈みかけることだってあるかもしれない。でも、きっとそうやって迷いながら進んでいくんだろうなぁ。この先も。

 

迷う、ということは、

一種の欲望からきているように思う。

ああもなりたい、こうもなりたい、

こういうふうに出世したい、

という欲望から迷いがでてくる。

それを捨て去れば問題はなくなる。

- 松下幸之助 -

 

(日本の実業家、発明家、パナソニック創業者 )

 

だけど、なかなか捨て去ることができないのが人間なんだよなぁ…。

つまり、欲張りさん。

kaorinもそう。

一度きりの人生。どんなことでも、やるだけやった航海(後悔)なら、それでいいんじゃないかな。

…なんてね。q(^-^q)

そんなふうに思うのです。

 

 

 

 

 
f:id:kao-kao-n:20171003100413j:image

 

先日、見つけたレトロなトンネル。

何だか異次元に迷い混んでしまいそう。。。

 

f:id:kao-kao-n:20171003100423j:image

紅葉はまだですが、ススキが秋を感じさせてくれます。

 

そばにはこんな花が……


f:id:kao-kao-n:20171003100500j:image

 

昔、田んぼのあぜみちにたくさん咲いていたなぁ。

子どもの頃、よく摘んでました♪(*^^*)

私はずっとコレを「イヌダテ」と覚えていたのですが、不安になって調べてみたら「イヌタデ」か「イヌダテ」で迷ってしまいました。

これは「イヌタデ」でしょうか…? 

 

 

 

ここまで読んでくださり、感謝致します。

通信教育である資格の勉強をしているのですが、初めて添削結果が合格点を越えました。時間をどうやりくりするのか頭を悩ませながら…まだまだ長い道のりです。(^-^ゞ

 

では、また……♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする