kao-kao日記

優しい時間と笑顔の輪が広がりますように…。

記憶の森~小鳥のひとりごと~

 

私は 名もない小鳥です

 

お花に囲まれて

 

いつも笑顔で 歌っています

 

 

 

 

幼い頃に 森の中で

 

“そんなことも分からないのか”と言われ 

 

ビックリしたけれど

 

みんなと羽根の色が

 

少しだけ違うから

 

それから ずっと

 

“そんなことも分からないのだ”と

 

諦めにも似たような感情が

 

切り取られた記憶の中で

 

渦を巻いていました

 

 

 

 

 

 

 

私は 自由な小鳥です

 

美しいものと

 

みんなの笑顔が

 

大好きです

 

 

 

 

ずいぶん時間がかかったけれど

 

今は“知りたい”と思うことが増えました

 

突き刺さったままのトゲを

 

そろそろ ゆっくり抜こうと思います

 

トゲが刺さったままだと

 

上手く飛べないからね

 

もう あの感情を手放したいんだ

 

誰にも左右されることなく

 

大空に 翼を広げて

 

羽ばたくために

 

 

 

 

 

名もない小鳥は

 

何者にでも なれるのです

 

 

 

 

f:id:kao-kao-n:20171120110733j:image

 

 

 

 

広告を非表示にする