kao-kao日記

優しい時間と笑顔の輪が広がりますように…。

深夜にこっそり孔雀を描く私

 

子どもの頃 よく行っていた図書館の隣には

 

児童館があり、その前には公園があった。

 

公園には孔雀がいたのだけれど、

 

“今日は羽根を広げているかな?”と

 

ワクワクしながら見に行っていた。

 

孔雀には なにか特別な思いがあり、

 

光によって変わるその羽根の色合いに

 

魅了されたものである。

 

ふと、そんなことを思い出し孔雀を描きたくなった。

 

 

 
f:id:kao-kao-n:20171124015303j:image

ただのお絵描き。

 

朝になったら消えてるかも…

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする