kao-kao日記

優しい時間と笑顔の輪が広がりますように…。

笑う鯨

 

「鯨の目をして笑う」という表現を

どこかで目にして以来

その意味が ずっと気になっている。

例えだということは

わかっているのだけれど

何だか不思議な表現だ。

 

鯨をイメージしてみる。

鯨は大きい。

一見 静かで優しそう。

でも 何かを見透かされているような

それでいて どこか冷ややかな目を

しているようにも感じる。

ちょっと怖い感じなのかな。

 

そういうことなのだろうか。

 

他の生き物でも 考えてみる。

 

馬だったら…

穏やかで 優しい感じ。

 

狐だったら…

いたずらっぽくて

ちょっぴり意地悪な感じ?

 

リスだったら…

小さくて 可愛らしい感じ。

 

鳥だったら…

う~ん。

鳥さんは 種類によって

鋭い目をしているのもいれば

クリクリの目をしているのもいるな。

「笑う」じゃないけれど

広い視野を持つという意味として

「鳥の目」は使うかな。

 

猫だったら…?

 

犬だったら…?

 

色んな動物さんを想像してみたけれど

多分 どれも無いな。

 

もし使うとしたら

静かでミステリアスな目が

そういう表現に使われるんだろうな。

 

そうだ。

ずいぶん前に バラエティー番組で

笑う犬」ってあった。

ウッチャンミル姉さん

好きだったな。

 

そう考えると

「笑う+○○」なら

意外とあるのかも。

 

そんなことを考えた金曜の昼下がり。

 

f:id:kao-kao-n:20180601101425j:image

初夏の若葉の中を

爽やかに風が吹き渡っている。

気がつくと

「風薫る五月」という表現を

使わないまま 六月になってしまった。

 

大好きな紫陽花の季節。

 

f:id:kao-kao-n:20180601192805j:image

広告を非表示にする