kao-kao日記

優しい時間と笑顔の輪が広がりますように…。

祈りをこめて

関西の皆さま、ご無事でしょうか。

3.11を経験したわたしは、大きな地震があるとあの時の記憶が甦ります。

避難することになったあの日。数日間で見てきた光景がまるで嘘だったかのように、100㎞先では当たり前の日常がそこにあり、驚きと共に「ここは大丈夫」と安堵し、思わず涙が流れたのでした。

何を見てもグレーがかって見えた景色が、だんだんと色を取り戻していったのを思い出します

あるコメディアンの方が、膨大な被害を目の当たりにし、こんな状況のなかで笑わせるなんて不謹慎なのでは?と、漫才をやることがとても心苦しく、頭を悩ませたそうですが、自分たちにできることを…と、いつものようにお笑いをお届けしたところ、喜ばれ、大変感謝されたというお話もありました。笑顔は時として生きる希望にも繋がります。

被害の大きさや感じ方もそれぞれですが、どちらがということではなく、何もできないかもしれないけれど、思いを馳せ、祈り、いつもとかわらない日常をお伝えするということもまた、それぞれの大事な使命のような気がします。

今後の余震、本震も心配です。なかなか落ち着かず、不安が募るばかりだと思います。どうかこれ以上被害が大きくなりませんように…。 

 

 


f:id:kao-kao-n:20180618174006j:image

6月18日。

祈りをこめて。

広告を非表示にする