読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kao-kao日記

羊毛フェルト作家のkao-kaoです。作品のアップと、何気ない日常の出来事をマイペースに綴ります。優しい時間と笑顔の輪が広がりますように…。

ピンクのお花と赤い小鳥

羊毛フェルト

春はピンク色を目にする機会が多い季節ですね。

ピンクのお花もたくさん咲きます。

“若返りの色”とも言われるピンクには、ホルモンバランスを整えてくれる作用があるそうです。

特に淡いピンク色を見ていると、穏やかで優しい気持ちになるから不思議です。

 

ピンクの羊毛フェルトでお花を作りました。

赤い小鳥をちょこんとのせて・・・


f:id:kao-kao-n:20170323202813j:image

 葉っぱにはピンクやパープルを入れたり、お花も1色ではなく何色かミックスさせています。

 

f:id:kao-kao-n:20170323202832j:image

羊毛フェルトの色使いは、絵を描く時とよく似ている気がします。

作るものにもよりますが、複雑に混ざり合っている世界を表現したくなり、それが可能なところも羊毛フェルトの魅力です。


f:id:kao-kao-n:20170323202850j:image

黄色いフェルトボールも入れ、春らしいアレンジになりました。

ほっこり和んでいただけたら嬉しいです。

 

今日も笑顔で過ごせますように…♪(*^-^*)

 

*kao-kao*

 

 

夢の国で…

お気に入り 家族

修学旅行で東京方面へ行った長男くんが、夢の国でお土産を買ってきてくれました。


f:id:kao-kao-n:20170322113039j:image

ミニーがミッキーにプレゼントした手作りのぬいぐるみ、ダッフィーとシェリーメイ。

大好き♪

ニヤニヤと顔がほころんでしまいます。

思わず魔法にかかってしまいそう。

 

こんなところも・・・


f:id:kao-kao-n:20170322120835j:image

可愛い。(*^-^*)

良くできてるなぁ・・・

いくつになってもやっぱり大好き♪

いくらでも魔法にかけてくれ~!と思うのでした。

 

*kao-kao*

 

 

梅の香りに誘われて♪

お花♪ お酒♪ 家族

春を満喫したくて・・・


f:id:kao-kao-n:20170320091202j:image

 

水戸にある偕楽園まで行ってきました。

日本三大名園のひとつに数えられる梅の名所です。

前回訪れたのが13年くらい前だったので、かなり久しぶり。

 

f:id:kao-kao-n:20170320093246j:image

あちらこちらから梅の良い香りが漂い、たくさんの人で賑わっていました。

園内には約3000本の梅の木が植えられていて、100品種もあるとのこと。

花弁が5枚のものから八重のもの、色も白、ピンク、濃いピンクと様々です。

 

梅の他にも偕楽園には見所があり・・・

 

園内を歩き進めると「好文亭表門」から先の「一の木戸」をくぐった一面が孟宗竹林になっています。


f:id:kao-kao-n:20170320093219j:image

 

すらっと空に向かって伸びる竹の群生・・・

 

f:id:kao-kao-n:20170320093153j:image

ハッと息を飲むような美しさで神秘的。

なぜか心が落ち着きます。

 

そこから少し歩くと樹齢800年の大きな太郎杉。

f:id:kao-kao-n:20170320093134j:image

800年。スゴい年月です。(^_^ゞ

ここでずっと移り変わる時代や季節を見てきたんだろうなぁ。そんなことを思いながら巨木のパワーを感じ、癒されました。

 

すぐそばには吐玉泉。

f:id:kao-kao-n:20170320093115j:image

この湧水で好文亭お茶室のお茶を点てていたそうです。

ちなみに好文亭とは、偕楽園の休憩所として建てられた建築物。


f:id:kao-kao-n:20170320081408j:image

良い散策コースでした。

縁日のように屋台が並んでいたり、お土産屋さんなどもありましたよ。次男くんにリンゴ飴をせがまれ、何もここまで来て買わなくても…と思いましたが、良心的な値段だったので許しました。(笑)

それから梅大使のお姉さん達がいて、梅柄の艶やかな着物姿がとても素敵でした。

 3月31日(金)まで梅まつりが開催されているようです。

 

偕楽園の後は・・・

 

f:id:kao-kao-n:20170320093047j:image

梅酒と酒の資料館、別春館へ。

こちらは150年余りの由緒ある酒蔵店で、昔のお酒の製造方法、道具などが展示され、自由に見学できます。


f:id:kao-kao-n:20170320093024j:image

別春館の名前の由来は「杯の中には別の春がある」という水戸黄門さんの名言があり、その言葉をモチーフに名付けられたそうです。

 

⬇こちらの梅酒を購入しました。


f:id:kao-kao-n:20170320092954j:image

梅香「百年梅酒」

素晴らしい賞を受賞した梅酒なんだそう。

購入した時はあまり気にしなかったけど、「日本一」って書いてある。

試飲した中で一番美味しいと感じたので速決。

国内産青梅で仕込んだ原酒をじっくり熟成させ、天然水とハチミツ、ブランデーを使って仕上げた梅酒です。

ゆっくり味わいながら頂くことにします。

どんな場所で試飲しても、だいたい一番目か二番目に試飲したお酒が美味しく感じます。単に私の舌がおかしいのか、それともお店の方の策略か。(笑)


f:id:kao-kao-n:20170320121741j:image

梅の香りに誘われて・・・

最後は、やっぱり地酒が気になるのでした。(*^^*)

 

*kao-kao*