kao-kao日記

羊毛フェルト作家のkao-kaoです。作品のアップと、何気ない日常の出来事をマイペースに綴ります。優しい時間と笑顔の輪が広がりますように…。

JOY TO THE WORLD

 

f:id:kao-kao-n:20171121133620j:image

 

 

子どもの頃、毎週日曜日に姉妹で教会へ行っていました。

きっかけは、ちょうどクリスマスの時期で、あまり深く考えずに“お菓子をもらえるから”というような単純な理由からだったような気がします。

別にクリスチャンではないけれど、讃美歌を歌ったり、牧師さんのお話を聞くのは嫌ではありませんでした。

何年か通って、中学生になる頃にはだんだんと足が遠退いてしまいましたが、夏にはキャンプにも連れて行ってもらったり、色々とお世話になったという思いから、1度だけ教会に絵をプレゼントしたことがあるのです。

絵画教室(研究所)で描いたもので、それもまたクリスマスの頃だったから、ベルとリボンをイメージした絵で、ちゃんと額に入れてね。

喜んでくださり、少し前にあれからずっと飾っていただいているという話を聞いて、とても嬉しかった。

もう何十年も月日が流れているのに、本当にありがたいことです。

 

 

 

さて、クリスマスのディスプレイで、どこも華やかになってきましたね。

あのね、クリスチャンじゃないのにクリスマスの意味って何かな~?と最近思うようになりました。

お店屋さんは、書き入れ時か何かで大騒ぎ。子ども達はサンタさんからのプレゼントがもらえて羨ましい。

教会へ行って聖書も読んでいたし、それなりに本当の意味は分かる。だからこそ、こんなに騒いで何だかな~って…。本来なら、もっと静かで心穏やかに過ごすべきなのかも。

 

ケーキもご馳走も食べるけどね。(笑)ワーイ

 

あ、ちなみに、“かきいれどき”の漢字は昔の帳簿を付けるというところから“書き入れ時”が正しくて“掻き入れ時”は間違いなんだそう。

商売が繁盛すると、帳簿の書き入れ時に忙殺されるという意味から、最も売れ行きが良く利益が上がる時期を“書き入れ時”としたようです。不安になって調べちゃいました。←日本人なのにきちんと漢字が使えないとダメですね。(笑)

 

話を戻そう。

結局のところ、いつの時代も他者を敬い、思いやりの心が大切で、クリスマスは“感謝の気持ちでお互いを思い合う日”…なのかな~なんて。そんな風に思うと、なぜか落ち着くような気がするのです。はい。

 

感謝の気持ちは大切です。

 

 

 

 

 JOY TO THE WORLD 

f:id:kao-kao-n:20171121140908j:image

 

昔から大事にしている絵本があって、クリスマスのお話がたくさん書かれているのだけれど、英語だからよく分からない。

でも、雰囲気が大好きで、毎年この時期になると絵を眺めたりしています。

 
f:id:kao-kao-n:20171121141410j:image

 

ほんの一部のページだけど、どれも見ているとワクワクする。

 

 

でもね、あるページだけなんか怖い。

 


f:id:kao-kao-n:20171121141550j:image

 

これは何だろう?

「悪い子は食べちゃうぞー」かな?

 

またね…♪

 

 

 

 kao-kao (@kao_kao_n) | Twitter  

Twitterでイベントのお知らせをしています。(^^)

 

 

 

 

記憶の森~小鳥のひとりごと~

 

私は 名もない小鳥です

 

お花に囲まれて

 

いつも笑顔で 歌っています

 

 

 

 

幼い頃に 森の中で

 

“そんなことも分からないのか”と言われ 

 

ビックリしたけれど

 

みんなと羽根の色が

 

少しだけ違うから

 

それから ずっと

 

“そんなことも分からないのだ”と

 

諦めにも似たような感情が

 

切り取られた記憶の中で

 

渦を巻いていました

 

 

 

 

 

 

 

私は 自由な小鳥です

 

美しいものと

 

みんなの笑顔が

 

大好きです

 

 

 

 

ずいぶん時間がかかったけれど

 

今は“知りたい”と思うことが増えました

 

突き刺さったままのトゲを

 

そろそろ ゆっくり抜こうと思います

 

トゲが刺さったままだと

 

上手く飛べないからね

 

もう あの感情を手放したいんだ

 

誰にも左右されることなく

 

大空に 翼を広げて

 

羽ばたくために

 

 

 

 

 

名もない小鳥は

 

何者にでも なれるのです

 

 

 

 

f:id:kao-kao-n:20171120110733j:image

 

 

 

 

不思議な出来事…

 

日に日に寒くなってきましたね。

季節によって“におい”が違うと思うのですが、(←私だけ?)何となく冬の香りがしてきたような気がします。

昨年の今頃は、気管支炎をこじらせていた私。

2ヶ月も咳に苦しめられ、辛い思いをしたのだけれど、今年は今のところ大丈夫そうです。

 

 

先日、学生の頃に描いた絵をブログに載せたところ、Nagi(id:Nagi1995)さんに、“村上春樹の「羊をめぐる冒険」を読んだことがありますか?”と聞かれました。

 

 

Nagiさんの記事↑にもあるように、読んだことがなかった私に、わざわざ朗読された音源を送ってくださいました。

小説の中の世界とはいえ、私と重なる部分があり、本当に驚きました。

朗読の中で、何度も“これは差別的な表現ですが原文のまま読みました”とおっしゃっていて、それほど差別的ではないと感じたのですが、きっかけは日本語を勉強している中国人の方に朗読されたものだとお聞きしたので、そのような理由からか、とても言葉を大切にされている感じが伝わってきました。

私の過去のブログから羊の作品の写真をみつけて画像を入れ、YouTubeにもアップしてくださいました。全部で29回。「羊をめぐる冒険」を読んだことがある方も、28回と29回はぜひ聞いていただきたいです。感動しました。

 

尋羊冒險記 A Wild Sheep Chase - YouTube

 

小説の中で“耳”というワードにもドキッとしました。別に普通の耳だと思うのですが、私は昔からあまり耳を出したくなかったのです。

何より、偶然にも卒業制作で描いたあの絵は1枚の写真から始まったものだったこと。そして小説の中の白樺や羊の群れ、草原の風景までもがイメージ通りのような気がして、その後に出会った羊毛フェルトも、私にとって何か意味のあることだったのかもしれないと思うと不思議な気持ちでいっぱいです。

何気なく記事に“羊に導かれた私”なんてタイトルをつけたのに、こんなことってあるのですね。 

自分と重なる部分があり、ストーリー展開にとてもドキドキしたこと。お顔を拝見したことのないNagiさんの声にもっとドキドキ…。ラストの中国語がカッコ良かったという事実はここだけの内緒話…。

 

今度は、ちゃんと小説を読んでみます。

 

Nagiさん、感謝しています!

 

 

 

 

 

☆小鳥のブローチ☆
f:id:kao-kao-n:20171118135740j:image

 

小鳥のブローチを作りました。

1週間後のワークショップでも作ります。

今から楽しみです♪

 


f:id:kao-kao-n:20171118140346j:image

 

私はまだ冒険の途中。。。

 

では、また♪(*^^*)