kao-kao日記

羊毛フェルト作家のkao-kaoです。作品のアップと、何気ない日常の出来事をマイペースに綴ります。優しい時間と笑顔の輪が広がりますように…。

葡萄色

日本の伝統色で、暗い赤紫のことを「葡萄色」と言います。英名では、ワインレッドの色が近いでしょうか。

実はこれ、「えびいろ」と読みます。何故えびいろ?と思うでしょう。

古代日本の大和言葉では、植物のブドウは「エビ」と呼ばれていて、名前の由来になった山葡萄(やまぶどう)のことを、葡萄葛(えびかずら)と言っていたそうです。

しかし、伊勢海老の甲羅の色に由来する「海老色」という色が別にありました。 両者の色がよく似ていることと、葡萄(えび)と海老(えび)と音が通じるため、後に混同されたようです。

「紫色」と言っても、微妙な違いの様々な色名があるんですね。本当にわずかな色の違いなので、昔受けた色彩能力検定の時は、色名で頭を悩ませたものです。

今日は、葡萄色の葡萄を作ってみました♪(^w^)

昨日の小鳥と同じ色の羊毛フェルトなのですが、写真で見ると少し違いますね。昨日の方が、より葡萄色です。(笑)

広告を非表示にする