kao-kao日記

羊毛フェルト作家のkao-kaoです。作品のアップと、何気ない日常の出来事をマイペースに綴ります。優しい時間と笑顔の輪が広がりますように…。

電球ソーダ☆

ピカピカ光るソーダが流行っているらしい。

 

電球の形をしたボトルの底に3色のライトが付いていて、まるで飲み物が光っているかのように見える魅惑のソーダ。

 

お祭りでも随分あちこちの屋台で見かけました。

 

中のソーダは三ツ○サイダーにシロップで色付けしただけのものなのですが…

 


f:id:kao-kao-n:20170807225427j:image

 

当然のように欲しくなるキッズ達。(仲良し4人組)

もう、電球ソーダに釘付けです。

 

 
f:id:kao-kao-n:20170808093816j:image

 

毎年人混みで疲れるのに、2回も行った七夕祭り。

お祭りが終わると夏の終わりも近づきます。

暑いのは苦手なのだけど、何だか寂しく感じるのはなぜだろう。

 

ピカピカ光る電球ソーダ。

f:id:kao-kao-n:20170808132556j:image

ちょっぴり幻想的です。

夏の思い出…。

 

*kaorin*

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしかしたら…

日本の妖怪の一種、ろくろ首。

 

古典の怪談や随筆によく登場し、妖怪画の題材になることも多い。

 

首が伸びるものと、首が抜け頭部が自由に飛行するものの2種が存在するらしい。

 

ところで、頭痛の発作には稀に体感幻覚という症状を合併することがあるそうで、これは自分の体やその一部が伸びたり縮んだりするように感じるものらしい。

 

“本人が首が伸びたように感じる”あるいは“他の人がその人の首が飛んでいるような幻覚を見る”などということがあるらしく、そこから「ろくろ首」が誕生したのではないかという説がある。

 

…ということは、もしかしたら頭がひどく痛むと、誰でもろくろ首の姿を見たり、ろくろ首になってしまったりしかねないのかもしれない。

 

f:id:kao-kao-n:20170806121824j:image

 

そんなことを思った……

今週のお題「ちょっとコワい話」 

 

 


f:id:kao-kao-n:20170806224348j:image

 (お祭りにて…)

 

 *kaorin*

 

 

 

 

 

小さな命

大きなものに感動することは少なからずある。

例えば、長い年月をかけて大きく育った大木。

見渡す限りどこまでも続く青い空や海。

自然の豊かさを感じる連なる山々。

それから、偉大なる建築物や、芸術的な作品を目の当たりにした時など。

 

 

小さなものにだって心を動かされる。

 

 

単純に美しいと感じるものに出会った時は別だけれど、どうやら大きさとそれはとても深い関係があるようだ。

 

 

 

 

今日出会った小さな命。

 

f:id:kao-kao-n:20170804132002j:image

 

ハナグモ


f:id:kao-kao-n:20170804131726j:image

 

素敵なお家。

まるで、アカツメクサを守っているかのようでした。

 

 *kaorin*