kao-kao日記

羊毛フェルト作家のkao-kaoです。作品のアップと、何気ない日常の出来事をマイペースに綴ります。優しい時間と笑顔の輪が広がりますように…。

小さな友達

 

f:id:kao-kao-n:20171026145059j:image

 

2歳のyちゃんは、ママが日本語教室の授業を受けている間、私と一緒に過ごす。

片言の日本語を話すママは中国出身のiさん。

慣れない土地での子育てに、きっと不安もあるだろう。

それでも初対面の頃よりもiさんの表情が柔らかくなったのがとても嬉しい。

日本語の勉強も熱心で、かなり上達されている。

私は日本で生まれ育ち、当たり前のように日本語を使っているけれど、日本語は漢字の他にもひらがなやカタカナがあり、いくつも言い回しがあったりするので難しいのかもしれない。

 

生涯学習プラザの遊び場には滑り台やボールプール、トンネルなどの遊具の他、ブロックや木製パズル、積み木、そして本棚にはたくさんの絵本がずらりと並ぶ。

 

初めて会った赤ちゃんの頃のyちゃんは、いつも泣いていた。

ちょうど人見知りの時期だったので無理もない。

それも成長の証なのだ。

現在は、会うたびにニコニコ笑顔。

私と一緒にご機嫌で過ごす。

おやつの時も自分で手を綺麗にし、食べ終わると持ってきたバックに自らしまう。

ママがやってくれるのをよく見ているのだろう。

絵本が大好きで、気になる絵本を本棚から選んでたくさん持ってくるyちゃん。

興味がなければ2~3冊で飽きて他の遊びを始めたりするものなのに、毎回10冊以上は読んでいる。こちらの話すことを理解しているし、少し長い絵本のお話も集中して聞いているようだ。

お絵描きをすると、丸やギザギザを描くようになった。

最近はパペットで遊ぶと特に喜んでくれる。

精神年齢が低い私はこれが楽しくて仕方がない。

yちゃんは、本当によく笑ってくれるので、こちらもつい調子にのってしまう。

そして彼女はさらに楽しい気持ちになると、どうやらその場でクルクル回るようなのだ。

クルクル回ると当然のように目も回る。

 

クルクル、クルクル、クルクル、クルクル…

 

大変。

 

今日はいつも以上によく回る。

 

笑いながら転倒寸前。

 

ストーップ!

 

つ~かまえたっ♪

 

笑いが止まらないyちゃん。

 

これはきっと、私の方が遊ばれているのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする