kao-kao日記

優しい時間と笑顔の輪が広がりますように…。

お花♪

羊毛フェルトで多肉ちゃん~今日のお絵描き♪~

前回の記事で登場したヒツジさんですが、実はアルパカさんだったかもしれないということを思い出したkaorinです。いつの間にかヒツジさんだと思い込んでいたのだけれど…あれれ?おかしいな。似ていませんか?気に入っているので、どちらでもいいのだけれど……

伝えたい気持ちがあれば…♪

このブログでも時々登場する多肉植物。 たくさんあるのだけれど、このコが最初。プックリしていて可愛い葉っぱだから、名前はプクちゃん。ぎゅっと集まった葉っぱがまるでバラの花みたいでしょう? そんなプクちゃん、またまた蕾をつけていました。嬉しいな♪…

芝桜が織り成す風景

(ハートの花びらがいっぱい♪) ここは見頃になると、一面に咲く芝桜がとっても美しい場所。 会場に着くと、 行く手を阻むこんなものが。 藁でできたネコバス。(ちなみに後方が芝桜。まだこのときは少し早かったかな?) 中もちゃんと座れるようになってい…

知らない人によく話しかけられます。

2日間の国家試験を受けてきました。 自己採点の結果、9教科中なんとか半分くらいは合格点がとれそうです。あと1問で受かりそうだった教科が3つくらいありました。悔しい~。指針が変わり、次の試験からは新しい内容から出題される教科があり、せめてこれだけ…

スズメの大合唱

子どもの頃、実家の2階の北側の窓から見える電線に、スズメがずらーっとたくさん並んでとまっていたことがあり、チュンチュンチュンチュンそれはもう凄い鳴き声だったんです。まるで大合唱しているかのようでした。ある日、あんまり楽しそうな声だったので、…

「だっちゃ」の話

先日、美容室へ行ったときに担当してくれたスタイリストさんが2年間仙台に住んでいたそうで、方言の話で盛り上がりました。 宮城には「いずい」という方言があるのだけれど、目がゴロゴロするようなときにも使うし、着心地や居心地なんかがあまり良くないと…

桜の木の下で

今年の開花は早かったのかなぁ。 ヒラヒラ舞い散る花びらに心を奪われたり、桜の匂いを嗅いだりしながら満開の桜を楽しんでいる。 先日、桜の木の下を歩いていたら、背の高いハンサムな外国の方に声をかけられた。 「こんにちは。可愛いですね~。」 彼は爽…

長距離ドライブと苺狩り

ゴールド免許を所持している人は少なくないと思う。何を隠そうこのわたしもその中のひとりだ。車の免許を取得して20年になるけれど、その間ずっとゴールドだったわけではない。 まだ初心者マークだった頃、「こっちを見るな前を見ろ」という看板がある田舎道…

春を見つけたよ♪

テーブルからひょっこり 顔を出すモグラさん。 ニコニコ顔の猫さんも。 つられてこちらも 笑顔になっちゃいます。 ここは、とあるお食事どころ。 古民家を改装したお気に入りのお店。 先ほどのモグラさんと猫さんは 入り口でお出迎え。 色鮮やかなお料理の数…

主演映画のタイトルは…?

今日は冷たい雨でした。 サザンクロスが咲いています。 以前は緑色の葉っぱだったけれど、 寒くなってきた頃から 綺麗なピンクに色付きました。 可愛らしい星のような形のお花です。 花数は少なくなったけれど、 もう5ヶ月くらいは次から次へと 咲き続けてい…

心にいつも太陽を

ともすれば 忙しさを理由に イライラして怒ってしまうことも あるかもしれない。 悪いことをしたら きちんと注意するのは 当たり前だけれど 感情に任せてはいけないと思う。 大人になれば “忙しそうだね”なんて 簡単に言えるけれど 子どもにとっては理解しに…

「あのね」

意外にも、この言葉が好きだったりする。 “伝えたい”という気持ちが たくさん詰まっているような気がするからだ。 たぶん、私もよく使ってる。 あのね。 多肉植物って水もあまりいらないし、 丈夫で長持ちするんだ。 ほとんど手がかからないんだよ。 一年草…

素晴らしい色の世界

高校3年生まで、とある美術研究所のi先生の元へ通っていた。 “研究所”というと何だか大それた感じがして少し恥ずかしかったのだけれど、絵画教室のことで、今思えば私は美術を研究していたのである。(してたのかな?) 研究といっても、先生が事細かく説明…

今日も笑顔で…

ジニアというとピンとこなかったけれど、百日草のことらしい。 百日というだけあって、開花時期がとても長いお花。 それにしても、いつからジニアって呼ぶようになったんだろう。(^-^ゞ ジニア畑。猪苗代ハーブ園にて。 花言葉の「不在の友を思う」や「注意…

雨のち晴れ♪そしてミニ四駆

朝は冷たい雨が降っていましたが、晴れて太陽が顔を出しました。 お花たちが生き生きしています。 気持ちの良い青空。\(^o^)/ 昨日までは本当に寒くてコートを出そうかと思ったのですが、(でも、そろそろ冬物を出さなきゃね)今日はそれほどでもなく、絶…

ハロウィンの飾りでワクワク♪

市のフラワーセンターで開催されたオータムフェスティバルに行ってきました。 生憎のお天気だったのですが、会場にはハロウィンコーナーもあり、思わずテンションが上がっちゃいましたよ。 可愛いでしょ~。 年々グレードアップしてる気がします。 小さい子…

葉っぱのブローチ

五色沼の前に「猪苗代ハーブ園」 へ立ち寄った。 赤ピンク色がとても美しいコキア。 まるで帽子がたくさん並んでいるみたい♪ コキアの奥にはコスモス畑。 今が見頃の秋の植物たち。 五色沼も素晴らしかったし、秋の風景を満喫したら、 やっぱり秋色の作品を…

“迷う”ということ

昨日の記事にいただいたコメントで、“歳なんて気にしないで~…”という内容のコメントを複数いただき、改めて自分の好きなものを楽しもう!と思ったkaorinです。コメントをくださった皆さま、ありがとうございます。 大変!ウサギのルームシューズが可愛いも…

スッキリ、サッパリ♪

昨夜は次男くんが大泣き。(。>д<) “ベイブレードをやりたいから”という理由です。 まだ早い時間だったら良かったのです。もう遅かったので明日もあることだし「お休みの日にしよう」と話したのだけれど「チーム戦にする?トーナメント戦にする?」などと言っ…

貢献します!

学校のバザーの準備で連日のように集まりに参加しております。 手作り体験コーナー(スライム作り、ミニフレーム作り)と水飴屋さんのPOPもようやく完成しました。体験コーナーのPOPは子ども達への宣伝のため、早めに学校に掲示した方が良いとのことで、四つ…

茜色に染まる景色

最近お気に入りのサイクリング公園。 目的は、リップスティックの練習です。 普通のアスファルトの上ではガタガタして上手く乗れないのですが、サイクリング公園は滑らかでとても滑りやすいのです。 あれから、次男くんはすっかり乗りこなせるようになり、今…

販売促進用POPを描いていた頃の話

20代の半ば頃、私はあるお菓子屋さんの販売促進課でPOPを描いていました。 そのお菓子屋さんは、地元では昔から有名なお店で、洋菓子も和菓子もある老舗です。 本社の工場の中に事務所や応接室などがあり、建物の真ん中に窓のない小さな作業部屋がありました…

ロウソクの灯り~コスモスと秋の空~

以前“絵ロウソク”をいただいたことがありました。 ロウソクに一つ一つ職人さんがお花などを手描きされているものなのですが、もったいなくて、あまり火をつけられずにいたんです。 でも、やっぱり使わない方がもったいないような気がして…… 小さくなりました…

描きたいもの…

美しく咲くお花を見ていると 不思議とこちらも笑顔になります 何だかお花も笑っているみたい 花の命は儚くて だからこそ懸命に咲き誇る姿に 元気をもらうのかもしれません ・・・・・・・・・・・・・・ 心が動かされるものに出会うと、絵を描きたくなります…

小さな命

大きなものに感動することは少なからずある。 例えば、長い年月をかけて大きく育った大木。 見渡す限りどこまでも続く青い空や海。 自然の豊かさを感じる連なる山々。 それから、偉大なる建築物や、芸術的な作品を目の当たりにした時など。 小さなものにだっ…

蓮の花

池からスッと伸びた茎の先。 優しいピンクの花が咲く。 葉っぱはなんだか傘みたい。 国宝 白水阿弥陀堂へ行きました。 仏教では、泥水の中から生じ清浄な美しい花を咲かせる蓮の姿が、仏の智慧や慈悲の象徴とされているそうです。 静かに開く蓮の花。 神聖な…

大切なもの

悲しい思いをした分だけ優しくなれる 辛い思いをした分だけ強くなる だからこそ今を大切に生きたい 今に繋がる大切なもの 未来へ繋がる大切なもの 見えないけれど 心の中に生き続けている大切なもの これからもずっとずっと大切なもの いつも私を励ましてく…

新作ブローチ♪

今日は次男くんと旦那さんがミニ四駆を走らせに行くと言うので(相変わらず週1で走らせに行く)長男くんと私はお留守番。 長男くんは静かに勉強(一応受験生だしね)→そのうちお昼寝…( *´艸`) 私は制作活動☆ kao-kaoは、夏休み中の8月20日(日)に前回と同じ…

紫陽花

(制作途中…♪) 紫陽花をイメージしてみました。 ↑こんな風にニードルで刺して形を作っていくのですが、色も形も自由に立体的に作れるところが羊毛フェルトの魅力でもあります。 素材のふわふわ感にも癒されます。。。 お花の真ん中に丸小のビーズを専用の針…

自分らしく生きよう

大好きな詩があります。 「私と小鳥と鈴と」 私が両手をひろげても お空はちっとも飛べないが 飛べる小鳥は私のように 地面を速くは走れない。 私がからだをゆすっても きれいな音は出ないけど あの鳴る鈴は私のように たくさんな唄は知らないよ。 鈴と小鳥…