kao-kao日記

優しい時間と笑顔の輪が広がりますように…。

お絵描き♪

羊毛フェルトで多肉ちゃん~今日のお絵描き♪~

前回の記事で登場したヒツジさんですが、実はアルパカさんだったかもしれないということを思い出したkaorinです。いつの間にかヒツジさんだと思い込んでいたのだけれど…あれれ?おかしいな。似ていませんか?気に入っているので、どちらでもいいのだけれど……

飴に例えてしまうわたし

(先日、出会った小鳥さん♪) 「ママって、なんでもこういう感じの味の飴あるよね。」ってよく言うよね。と次男くん。隣にいた長男くんも「確かにそうかも。」…と。 今までそんなに気にしていなかったけれど、そう言われてみればそんな気がしてきました。も…

ご縁に感謝♪【雨の日もハッピーに…☆】

kao-kao定番のお花のブローチ。 今日は、出来上がるまでの行程を、少しだけご紹介しちゃいます。 まず、大小のフェルトボールを作ります。ほとんどの作品は、専用の針(ニードル)で仕上げています。チクチク、チクチク…。ニードルは先端がギザギザになって…

美しい海に魅せられて…

豊かな自然に恵まれ かつて岡倉天心が 「東洋のバルビゾン」と称し 日本美術を世界に発信した 五浦(いづら)の海。 ごつごつとした岩がそびえる 崖の上に 赤い小さな建物があります。 天心が建てた六角堂です。 東日本大震災で 流失してしまったため 正確に…

たまごになったり 色白で青い髪の美人さんになったり…♪

(ワークショップの準備でたまごを制作中) 一昨日、人参の皮と一緒に 左中指の爪の先を深く削ってしまった kaorinです。嗚呼…なんてこと! 新しくしたばかりのピーラーが 恐ろしく切れ味がいいのです。 お肉までいったので 血が止まりませんでした。 削った…

青の記憶

「あおいのがいぃの~、あおいの!」 駄々をこねている3歳くらいのわたし。 まだ幼かった頃の声を録音された カセットテープが残っている。 「そんなものはないよ」 とすかさず母親の声。 いつもではなかったのだけれど、 洋服か何かを選んでもらった時に、 …

小鳥にうるさい わたし…?ビックリたまごとナマケモノ

先日 東京へ行った際に お土産で買ってきた「ひよ子」焼きぽてと。 袋を開けたら ひよ子ではなく ハートみたいな形をしていました。 気持~ち 左側にくちばしらしきものが あるような気がするけれど ほぼハートです。 味は 甘いスイートポテトみたい。 白餡…

ウサギのイメージ…?【幸せな時間】

誕生日にプレゼントをいただいた。 忙しい中、自分のために 選んでくれた時間もありがたい。 都合の良いことに、ふと自分の年齢を 忘れてしまいそうになるのだけれど 誕生日はいくつになっても嬉しいし まわりから見た自分が どんなイメージなのかプレゼント…

きのこのお家はこちらです

「ようこそ」 「いらっしゃいませ」 「こちらへどうぞ」 「もうすぐ春ですね」 ******** 春らしいメルヘンの世界を描きたくて…。 時々 お絵描きスイッチが入ります。 春は大好きな季節です。 *kaorin*

夕陽が教えてくれたこと

ふとした瞬間、 陰影の美しいものに心を奪われる。 光と影に魅了され とてつもなく表現したくなる時がある。 夕陽が沈む様子を絵に描くことはあっても そういえば、朝日ってあまり 描いたことがないな。(写真は撮るけれど) 朝日のイメージって清々しくて …

Happy!

前回の記事のコメント欄で、Ace of Baseの「The Sign」の歌詞を翻訳してくれませんか?とNagi(id:Nagi1995)さんにお願いしたところ快く承諾してくだり、朝からidコールに飛び上がりました。やったー♪嬉しいな。 ナギさんは、これまでたくさんの歌を翻訳さ…

例えばそれは・・・

ずっと小さい頃からの遠い気持ち。 心の根っこにあるものは いくつになっても変わらない。 ちょっぴり切ないような でも あたたかいような うまく言えないけれど そんな想いが いつも 私の心をくすぐり続けている。 例えば それは道端に咲く一輪の花を 見つ…

やっぱり描きたくなる私

こんばんは。今、とっても絵を描きたい衝動に駆られているkaorinです。 ん~。やっぱりウズウズしちゃいます。 こんな時は描かなければ。 どうしても描きたいものがあったのです。 うん。ということで・・・ ~フクロウ~ 実はこのフクロウさん モデルがいる…

冬の山

山が燃えている。 いや 夕陽が山肌を赤く染め 燃えているように見えるのだ。 山頂付近は雪で覆われ 陽の光が当たると ピンクやオレンジに輝き 何とも言えない美しい光を放つ。 どっしりと構えたその山は いつの時代も変わらず 私たちを そっと見守っている。…

ヘアスタイルについて思うこと

先日 髪を5㎝切りました。 昨年10月に30㎝以上切り どんどん短くなっている kaorinの髪の毛。 現在は アゴ下くらいです。 ショートにしたこともあれば ボブにしたこともあり ロングの時代も。 髪を切ると旦那さんが 優しくなるから不思議です。 似合ってるの…

心を込めて…。

夜中にこっそり描いたクリスマスツリー。 写真だとなかなか原画の色が うまく出ないですね。 しばらく描いていなくて 久しぶりに絵筆を握ったので アップするまでドキドキしたけれど、 やっぱり絵を描くのは楽しいです。 1度スイッチが入ってしまうと 止まら…

クリスマスツリーを描いてみた

どうしても絵を描きたくなり 深夜にこっそりクリスマスツリーを描きました。 平筆でさっさっとグリーンの線を描き 黄色をちょんちょん。 オレンジや赤、青の丸も描き 淡い色で回りにも丸。 ハイライトに白を入れ… 完成。 頭の中のツリー。 気になるところは…

光と影

自分が絵を描いていた時のことを思い出すと、たぶん現在の私からは想像できないかもしれないのだけれど、ダークな配色で、何を描いてもどこかもの悲しい色合いの作品ばかり描いていた時代が長い間あったように思う。 それから、バーミリオンやクリムゾンのよ…

アレクサと私

我が家には15歳と9歳の息子が いるのだけれど、 「男の子2人のママには見えませんね」 と、よく言われます。 う~ん。性格?雰囲気? こういうフワフワしたものを作っているし…? 兄弟で性格は全く違いますが、 どちらかというと、穏やかな方なのだと思いま…

深夜にこっそり孔雀を描く私

子どもの頃 よく行っていた図書館の隣には 児童館があり、その前には公園があった。 公園には孔雀がいたのだけれど、 “今日は羽根を広げているかな?”と ワクワクしながら見に行っていた。 孔雀には なにか特別な思いがあり、 光によって変わるその羽根の色…

Yちゃんのお絵描き

今日、本棚からYちゃんが選んだ絵本は “はくちょうのおうじ” 王子たちが白鳥に姿を変えられてしまうお話です。 2歳の子には少し長いお話だし、難しいかな…? そう思ったけれど、私が読み始めると いつものように集中してお話を聞き、 絵を見て指さししたりし…

「ニャーオ♪」

今日のKくんは、いつもと少し様子が違う。 ママと離れて大泣きすることもなく、抱っこをせがむわけでも、かといって気になる玩具で遊ぶわけでもない。 私の指をにぎにぎして離さず、遊び場内をただひたすら歩き回る。そして立ち止まったかと思い顔をのぞきこ…

ピンクのカボチャ…?

ジャーン! 不気味なカボチャのオバケ! ハロウィンで思い出したのですが、先日訪れた猪苗代ハーブ園でもハロウィンの飾りでいっぱいでした。 仮装する我が家のヤンチャ坊主。(^w^) さてさて、昨日のフラワーセンターでは、様々な体験コーナーがあり、いつも…

描きたいもの…

美しく咲くお花を見ていると 不思議とこちらも笑顔になります 何だかお花も笑っているみたい 花の命は儚くて だからこそ懸命に咲き誇る姿に 元気をもらうのかもしれません ・・・・・・・・・・・・・・ 心が動かされるものに出会うと、絵を描きたくなります…

描くということ

何度かブログでもお話させていただいたことがあるのですが、小学3年生の頃から高校3年生までの約9年間絵画教室へ通っていた私は、進学先も何のためらいもなく美術の道へ進みました。 専攻は洋画だったので、主に油絵を描いていました。もう20年も昔の話です…

20年前に絵本を描いた話~白い小鳥♪

昔、本屋さんで中が真っ白な絵本を見つけ、購入したことがありました。 なぜ真っ白かと言うと、自分で自由にタイトルやストーリーを考えて綴るというものだったから。 確か購入したのは子どもの頃だったかなぁ・・・? でも何を書こうか内容がなかなか思い浮…

小さな小さなお花です

若葉と共に、小さなベルのような可愛らしい花が咲き始めた我が家のデコベリー。 花言葉は「実る努力」 小枝いっぱいに花を咲かせ、鈴なりにつく艶やかな実が葉っぱよりも大きいことからきているのでしょう。 昨年のクリスマスシーズンに、真っ赤な実がたくさ…